ENTAME

エンタメ

公開たった1ヵ月で1億回再生!!「推しの子主題歌」YOASOBI新曲『アイドル』が最高にハマる!!

音楽 PR

2023.5.20

YOASOBIの新曲『アイドル』YouTube公開たった1ヵ月で1億回再生を突破!!

YOASOBIの新曲『アイドル』はアイドルアニメ『推しの子』の主題歌として使われている。

アイドルアニメ『推しの子』が面白すぎるのはあるが、楽曲『アイドル』も最高にハマる仕上がりになっている。

歌詞もアニメとリンクしていてアニメ『推しの子』の世界を素晴らしくマッチしている。

メロディーもテンポも曲調がいろんなパターンへと変化していき何度聞いても聞き飽きない!!

アイドルアニメ『推しの子』と合わせて最高にハマってしまいました!!

音楽性と歌詞

「アイドル」の音楽性は、ヒップホップの要素をベースに、ゴシック・ロック調のポップトラックとなっています。

トラップビート風のラップパート、アイドルソングのオマージュなど、複数の要素が組み合わさった独自のサウンドが特徴です。

歌詞は赤坂アカさんの小説とリンクし、アイドルの光と影、メンバーの内心や成長の過程が描かれています。

YOASOBIの新曲『アイドル』の快進撃をもっと見たい!!

アイドルの歌詞の意味を考察

アイドル像の歪みと複雑な感情

歌詞は、アイドルとしての完璧なイメージを保ちつつも、裏に隠された葛藤や孤独を描いているのではないでしょうか。

「無敵の笑顔で荒らすメディア」という表現からは、
アイドルが持つ笑顔やパフォーマンスがメディアによって扱われる姿勢が示唆されていると考えられます。

同時に、その笑顔の裏には隠された真実や複雑な感情が存在することが伝えられています。

完璧なアイドル像とその裏側

歌詞には「君は完璧で究極のアイドル」「金輪際現れない 一番星の生まれ変わり」といった表現があり、アイドル像の完璧さや神話的な存在といった要素が強調されています。

しかし、「誰も彼も虜にしていく」や「嘘でもそれは完全なアイ」といったフレーズを通じて、
その完璧なアイドル像が実際には嘘や仮面で構築されていることが示唆されていると考えられます。

メディアとの関係

歌詞はメディアとの関係にも焦点を当てており、「得意の笑顔で沸かすメディア」「愛してるって嘘で積むキャリア」といった表現から、
アイドルがメディアを通じて自らを演出し、仮面を被ることに対する複雑な感情が反映されています。

これは、アイドルがプライベートな一面を隠しつつ、公に求められるキャラクターを演じる難しさを示唆されていると考えられます。

愛に対する葛藤

歌詞には愛に関する葛藤も見られます。

「誰かに愛されたことも 誰かのこと愛したこともない」といった表現は、アイドルとしての生活が個人的な愛情や人間関係に制約を与えていることを示唆されていると考えられます。

同時に、「愛してる」というフレーズが、歌詞全体を通じて何度も繰り返され、その言葉が真実になることへの願いを表現しているのではないでしょうか。

自己表現と欲望

楽曲はアイドルが抱える自己表現と欲望にも焦点を当てています。

最後のフレーズでは、「これは絶対嘘じゃない 愛してる」という言葉が、アイドルとしての公の姿勢と、本音との間で揺れる葛藤を浮き彫りにしているのではないでしょうか。

歌詞の考察まとめ

「アイドル」の歌詞は、アイドル文化に対する独自の見解や、表裏一体の複雑な感情、そして自己表現と社会的期待のはざまで揺れるアイドルの姿勢を描いており、その深い内容が聴く者に考えさせる要素を秘めています。

独特で情熱的な歌声

YOASOBIのメンバーであるIkuraさんの歌声は、その独特で情熱的な響きが特徴です。

「アイドル」では、歌詞の深い感情や複雑な心情を表現するために、繊細な抑揚や情熱的な表現が歌声に込められています。

歌声が楽曲に深みを与え、リスナーに感動を呼び起こします。

Ikuraさんの歌声は、歌詞の意味を深く理解し、その感情を豊かに表現する力を持っています。

特にサビや感情の高まる部分では、歌声が力強く響き、リスナーに感情の共有を促します。

同時に静かなパートでは繊細な表現力が活かされ、楽曲全体に感情の幅広さが広がります。

楽曲全体には繊細なニュアンスが散りばめられています。

Ikuraさんの歌声が、歌詞に込められた微妙な感情や複雑な心情を表現し、リスナーにより深い共感を呼び起こします。

緻密な歌声が歌詞と一体となり、聴く者を引き込む力があります。

ミュージックビデオ

楽曲のミュージックビデオは、アニメーション制作チームによって手がけられ、YouTube上での再生回数が最速で1億回を突破。

他楽曲との差別化

YOASOBIの「アイドル」は、他の楽曲とは一線を画す独自の音楽性があります。

ヒップホップ、ゴシック・ロックの要素が絶妙にミックスされた独創的なサウンドは、聴く者に新しい音楽体験をもたらしました。

アニメとの連携

楽曲がテレビアニメ『推しの子​​』のオープニングテーマとして使用されたことは大きなポイントです。

アニメの登場キャラクターの心情や物語の要素が歌詞に織り交ぜられ、聴く者を物語の世界に引き込みます。

また、アニメのオープニングで初公開されたことも話題となり、楽曲の注目度を一気に高めました。

TikTokでの拡散

楽曲の振り付けがファンによって生み出され、TikTok上で瞬く間に拡散。

これにより、世界中のユーザーが「アイドル」の楽曲や振り付けに参加し、楽曲の認知度を急速に拡大させました。

その結果、世界的なトレンドとなり、様々なアーティストやアイドルたちがカバーするなど、多岐にわたるアクションを引き起こしました。

YOASOBIさんの名曲「アイドル」についてのまとめ

YOASOBIの「アイドル」は、単なる楽曲の枠を超えて様々な要素が結集し、大きな成功を収めました。

これは、音楽、アニメ、文学などが融合することで生まれた新たな形態のエンターテインメントと言えるでしょう。

今後もYOASOBIさんがどのような新たな試みを行っていくのか、音楽シーンの動向がますます注目されます。

ぜひみなさんも一度お聴きください!!

この記事をSNSでシェア!

Category

カテゴリー

Tags

タグ

Archives

アーカイブ

スポンサーリンク

PLEASE SHARE

ぜひミーテのSNSのフォローよろしくお願いします🥰