ENTAME

エンタメ

後悔と葛藤の失恋ソング/JP THE WAVY-Just A Lil Bit Feat.Sik-K

音楽 PR

2024.1.1

日本のラッパーであるJP THE WAVYさんと、
韓国のアーティストであるSik-Kさんのコラボレーションである“Just A Lil Bit”
、失恋や過去の思い出、未練など、愛と別れに関する感情を描いた
楽曲になっています。

JP THE WAVY(ジェイピー・ザ・ウェイヴィー)は、
日本のラップシーンで注目を集め、
その独自のスタイルと才能で多くのファンを引きつけているアーティストです。

そんなJP THE WAVYさんと韓国を拠点に活動する注目の
ヒップホップアーティストSik-Kさんとのコラボが実現。

失われた恋愛に対する切ない楽曲となっています。

Just A Lil Bitの歌詞の考察

過去への郷愁と喪失感

歌詞は、かつて一緒に過ごした日々に対する郷愁や、
失われた愛に対する喪失感を強調しています。

特に、公園での手を繋いで歩く光景や、寒い日に手をつなぐ様子など、
具体的なシーンを通じて過去の幸福を回想しています。

具体的なシーンを通じて、聴衆に過去の幸福な瞬間を共有させています。

これらの描写は、失われた愛に対する深い喪失感を引き立てています。

コミュニケーションの衰退と後悔

歌詞では、現代的なコミュニケーション手段であるLINEを通じた連絡の減少が強調されています。

“今日もライン鳴らね” という一文は、相手との交流が途絶えたことを示しています。

また、「なんでなんでなんで 待って待って待って」といった表現から、
もう一度会話をもちたいという後悔が感じられます。

謝罪と関係を修復したいという切実な思い

“ごめんね,” “미안해,” “ミアネ” など、謝罪の言葉が繰り返し使われています。
歌手は自らを「愚か者」(I was a fool)と称し、
過去の行動を反省しています。

しかし、謝罪だけでなく、「もしも時間が巻き戻せるのなら」という一文から、
時間を戻し、関係を修復したいという切実な思いが読み取れます。

感情の複雑さ

“もう忘れるよ,” “もう気にしないよ” といった否定的な表現が続く一方で、
「戻りたいかも」といった希望や複雑な感情も表現されていて
失われた恋愛に対する感情の複雑さをリアルに描写しています。

この感情の葛藤が、歌詞全体に深みを与えています。

自分自身で前に進む必要性

“I’m just walkin on my own my fuckin’ days” という一文は、
孤独な旅路や他者との関係の難しさを示唆しています。

これは、失われた愛と向き合いながらも、自分自身で前に進む必要性を示唆しています。

まとめ

「Just A Lil Bit」は、日本と韓国を代表するヒップホップアーティスト
が言語を超えて共通の感情に触れ合う素晴らしいコラボレーションとなっています。

ぜひ心に響く「Just A Lil Bit」を再び聴いてみてください。


この記事をSNSでシェア!

Category

カテゴリー

Tags

タグ

Archives

アーカイブ

スポンサーリンク

PLEASE SHARE

ぜひミーテのSNSのフォローよろしくお願いします🥰