ENTAME

エンタメ

なぜか癒される楽曲『Yukopi – 強風オールバック (feat.歌愛ユキ)』

音楽

2024.2.6

ゆこぴ(yukopi)さんは日本のボカロP。

ボカロP(Vocaloid Producer)とは、ボーカロイドと呼ばれる音声合成ソフトウェアを用いて楽曲を制作するクリエイターのことです。

Yukopiさんの強風オールバック (feat.歌愛ユキ)を始めて聞いた時、
強風が苦手な私はめっちゃ共感してしまいました!!

セットした前髪が強風で台無しになる…あの絶望感。

そんなテーマをクセになるメロディーと共に表現しているこの楽曲がすごく好きです。

そして、このミュージックビデオのイラストとアニメーションが可愛いすぎる!!

私の大好きな楽曲です。

強風オールバックの歌詞の考察

外出の瞬間に立ち止まる日常の壁

歌詞の最初の部分で歌われる「外出た瞬間 終わったわ」は、日常の中での外出を試みた瞬間に立ち止まる個人の心情を象徴されているのではないでしょうか。

天気が良いにも関わらず、進めないというのは、日常生活の中での不安や心の動揺が行動を阻害していることを示唆していのかと思います。

このように、日常の中での行動や決断に対する煩わしさや躊躇が、歌詞を通して浮かび上がってきます。

外部の要因による抑圧と逃避の欲求

歌詞には、外部の要因によって個人の自由や自己表現が抑圧される様子が描かれています。

「風 強すぎて お亡くなり」という表現は、外部の状況や環境が個人の行動を制限し、自由を奪うことを示しているのではないでしょうか。

そのような状況下で、「地下に潜りたいなって 思いました」というフレーズは、
日常の喧騒やストレスから逃れるための欲求を表されていると思います。

しかし、外部の要因によってその欲求が阻害される様子が、「いやいや と 外でたら ハト ハト ハト ハト 大乱闘」という部分で描かれています。

日常のルーティンと逃避の願望

「定期 定期 的にオールバック」というフレーズは、日常のモノトーンなルーティンや煩わしさを象徴していると思われます。

日常の中での同じ繰り返しに嫌気がさし、逃避したいという願望が歌詞に込められてるのではないでしょうか。

また、「ずっと座りたいな って 思いました」という部分も、外部の刺激や圧力から逃れて静かな環境で過ごしたいという願望を表していると思われます。

日常の煩わしさと個人の抑圧

「外出た瞬間」の歌詞は、日常生活の中での個人の内面的な葛藤やストレス、
そして逃避の欲求をリアルに描写されていると思われます。

まとめ

Yukopiさんの強風オールバック (feat.歌愛ユキ)は日常をテーマにした
共感を呼び起こす素敵な楽曲です。

この曲は、日常生活の中での様々な煩わしさやストレス、そして逃避の欲求をリアルに描写しているのではないでしょうか。
また、ボーカロイドの歌声を用いた楽曲として、ボカロPのクリエイティビティと技術が、聴く者にとって心に響く楽曲となっています。

この記事をSNSでシェア!

Category

カテゴリー

Tags

タグ

Archives

アーカイブ

スポンサーリンク

PLEASE SHARE

ぜひミーテのSNSのフォローよろしくお願いします🥰